春に美味しい二枚貝!シジミにアサリにハマグリ!誰でも簡単砂抜きテクニック!

スポンサーリンク




春は二枚貝が美味しい季節です!

しかしアサリやシジミにハマグリなどは自宅で料理しにくいですよね?

その大きな理由が砂抜きです!

話には聞くけど方法がわからない方のために今回は簡単にできる砂抜きの方法をお話しします!

1 なぜ砂抜きをするの?

二枚貝は主に泥や砂地に生息しています。

砂の中を掘り進んだり、水管から餌であるプランクトンを吸い込んだりします。

その際に二枚貝は殻や体の中に取り込んでしまいます。

しばらくすれば取り込んだ砂は排泄物とともに吐き出しますが吐き出しきらないうちに捕まり、スーパーなどに並ぶことがあるため砂抜きをする必要があります。

2 砂抜きをしよう!

では実際に砂抜きをしましょう!

やり方さえ覚えたら手順は簡単なので試してみてください!

  1. 次に海水、または3%の塩水を用意します。
  2. 1の水に貝が頭が出せる程度に浸かるよう入れて新聞紙やアルミホイルで蓋をし暗がりを作ります。
  3. 約3時間ほどしたら貝の汚れやぬめりを洗い流したら砂抜き完了です!

砂抜きが終わった貝の中に死んでしまった貝がいたら取り除きます。

口が開いていたり貝同士を叩いてみて他の貝と違う音や鈍い音がするものは取り除きましょう!

3 釘やコインを入れるって本当?

砂抜きの話をすると決まって「釘やコインを入れたりするんでしょ?」と聞かれることがあります。

確かにその方法をする料理人の方や、主婦の方などはいます。

鉄の成分が水に溶け出し海水の成分に近くなると言われています。

しかしこの手法はまるで科学的根拠がないもので釘やコインを入れなくても十分に砂抜きはされます。

4 裏技!時短砂抜き!

いざ料理をしようと思ったらうっかり貝の砂抜きを忘れてしまったなんてこともあると思います。

そんな時に便利な時短砂抜きを紹介します!

  1. 約50度ほどの熱めのお湯を用意します。
  2. お湯の中に貝を入れて重ならないように20分ほど置きます。
  3. 貝の量が多いと温度が下がってしまうので途中でお湯を足します。
  4. 水で汚れやぬめりを洗い流せば砂抜き終了です。

あまり温度が高いと貝に火が入り砂を吐き出してくれないので注意が必要です。

お湯により温度が上がった体を冷やそうと通常より多く水を吐き出すため砂抜きが早いとされています。

ただし通常の砂抜きよりも貝の旨味が抜けやすいと言われています。

まとめ

いかがでしたか?

よく分からなかった砂抜きも分かってしまえば簡単でしたね!

砂抜きができれば自宅で生の貝を使って酒蒸しやお吸い物、クラムチャウダーなど料理の幅が広がりますね!

春に美味しい二枚貝をいっぱい楽しんでくださいね!

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です